Mashup Sound

オーディオエディット・コースについて

パソコンのソフトウェア上で、サンプリングしたオーディオデータをエディット、構築して作曲するスタイルは、現代の音楽制作の主流といえます。
また、インターフェースに工夫を凝らしたDAWソフトの登場で、クリックやグリッチ、カットアップなどオーディオ素材により複雑なエディットが施せるようになり、制作手法の進化に加え、エレクトロニカやクリックハウスなど新しい音楽ジャンルが誕生するまでになりました。

オーディオエディット・コースでは、スライスなど波形編集の初歩的なことから、オーディオ素材をもとにしたトラック制作、波形レベルでの複雑な編集やエディットまで、オーディオデータを使った音楽制作に重点を置いたレッスンをしていきます。
一見難しそうな内容と思われがちですが、分かりやすく操作性に優れたDAWソフトやプラグインを使ってレッスンをしていきますので、初心者の方にも安心して受講していただけます。

DAWソフトのエディット画面 Ableton Live

オーディオエディット・コースの主なレッスン内容

  1. WAV、AIFF、REX、ACIDizedなどファイルの基礎知識
  2. DAWソフトの基本的な使い方
  3. オーディオファイルのリッピング
  4. スライスによる波形の切り出し
  5. 波形の切り張りによるテイク作成のテクニック
  6. ソフトサンプラーの使い方
  7. カット&ペーストによるトラックメイキング
  8. プラグインによるサンプルの編集やエディット
  9. グリッチ、クリックなど波形レベルでのサウンドメイキング
  10. カットアップ、スタッターなど2MIXへのギミック的なエディット

MIDIコントローラとラップトップ Akai APC-40 Macbook

パソコンのキーボード Apple Keyboard

オーディオエディット・コースの主な使用機材

  • Ableton Live

    オーディオエディット・コースでは、オーディオファイルを扱うDAWソフトとして、Ableton社のLive 8を主に使ってレッスンをいたします。
    簡単な操作でオーディオファイルを直感的に扱えるソフトウェアですので、初心者の方でも、レッスンの中で手軽に音楽制作を楽しんでいただけます。

  • Native Instruments, Sugar Bytes, iZotopeのプラグイン

    サンプルや2MIXのエディットのレッスンでは、主にNative Instruments、Sugar Bytes、iZotope社製のプラグインを使います。
    各社ラインナップの中でも、専門的な操作や知識がいるものは極力避けてセレクトしておりますので、まずはオーディオ編集の楽しさを手軽に体験していただけます。

  • サンプリングCDの音ネタ

    当教室ではオーディオの「音ネタ」として、およそ200枚のサンプリングCDを用意しています。
    CDには、様々な楽器のフレーズ、有名アーティストによる楽曲素材が、ソフトウェアでのエディットに最適化された状態で収録されていますので、面倒な調整や録音をすることなく、手軽にソフトウェア上で使う事ができます。
    オーディオエディット・コースでは、サンプリングCDからの音素材を使ってレッスンをしていきますので、楽器の弾けない方やMIDIの打ち込みが苦手な方でも安心です。