Mashup Sound

DTMとは

DTMとは

DTMとはデスク・トップ・ミュージックの略称で、コンピュータや電子楽器を使って、卓上で音楽を制作する事を意味する言葉です。

コンピュータ・ミュージックについて

今日、日常生活への著しいパソコンの普及とともに、音楽の分野でもパソコンでの作業は必須となりつつあります。
普段、テレビやCD、携帯電話などで日常的に耳にする音楽は、ほとんどといって良いほどコンピュータベースで制作され、それはポピュラーやロック、果ては演歌まで、ジャンルを問わず例外ではありません。
しかし、コンピュータと音楽制作が密接に結び付いた事で、ある程度の機材と知識さえあれば、ひとりでバンドやオーケストラ、果ては見た事もないような民族楽器まで演奏させる事ができるようになり、ひと昔前のように、楽器演奏の高度な技術や専門の高価な機材や設備は必要がなくなりました。

むしろ現在は、誰でも手軽に音楽を作れる時代であるといえるでしょう。

クラムシェルモードのMacbook

パソコンで音楽を作るには

パソコンで音楽を制作する基本には、DAWソフトウェアの操作に始まり、MIDI(ミディ)と呼ばれる規格に沿ってデータを入力する作業や、オーディオデータと呼ばれる音声ファイルの編集、ミキシングと呼ばれる音のバランスを整える作業などがあります。
しかし、近年これらの作業は、専門的な知識や経験がなくても、操作性に優れた数々のソフトウェアや機材によって、初心者の方でも容易にできるようになりました。

難しい技術は必要ありません。

マッシュアップサウンドでは

スタジオの名前でもある「マッシュアップ」とは、異なるサウンドやコンテンツ、技術を組み合わせて、新しいものを作り出すという意味の言葉です。
マッシュアップサウンドでは、音楽の本質である感性と、パソコンというテクノロジーを上手に組み合わせて、新たな音楽を生み出すためのレッスンを提供いたします。

必要なのは、「音楽が好き」という気持ちだけです。

レッスンスタジオの様子